• ホーム
  • 男女で違う?性感染症を見てもらえる診療科とは?

男女で違う?性感染症を見てもらえる診療科とは?

2019年12月11日

性感染症のなかでも患者数が多いのは男性女性を通じてクラミジアになりますが、男性と女性の性別によって患者数の多い病気には特徴が見られます。男性の場合はクラミジアの他に淋病や梅毒・コンジローマなどの性感染症の患者数が多いようです。これに対して女性の場合は、膣トリコモナスや膣カンジダなどの患者数が多くなっています。

このように性別によって性感染症の患者数に違いが見出されるのは、性器や尿路系臓器などの解剖学的特性に左右されていると見ることが出来そうです。男性の場合は精巣から前立腺・尿道に至るまで一本の経路で連結されています。そのため男性の性感染症は尿道から尿路系臓器や前立腺など、順繰りに炎症が波及する傾向があります。これに対して女性では膣と尿道は明確に区別され、構造上水分と体温の影響で高温多湿な環境になりがちです。そのため外陰部や膣などに真菌や原虫などが寄生し、炎症を起こす傾向があります。

それでは性感染症の疑いを自覚したときに、どの診療科目に相談し検査や治療の方法などを相談するべきなのかが問題になります。男性の場合は泌尿器科や皮膚科・性病科などがオススメです。男性の性感染症は淋病のように尿道炎など尿路感染症の形をとることが多いからです。検査方法でも尿から検体をとることも多いので、尿路系の専門家を受診すれば的確な治療を期待できます。また梅毒やケジラミなどの皮膚症状が中心のときは皮膚科もおすすめの診療科目です。皮膚症状が中心なら一般の湿疹なのか、性感染症由来の変化なのかについては皮膚科が心強い味方になるはずです。性病全般を専門にする性病科も男性なら、比較的抵抗感なく受診することが出来るのではないでしょうか。

女性の場合に性感染症の疑いがあるなら、産婦人科か泌尿器科などがオススメです。女性に多いクラミジアや膣カンジダ・トリコモナス症などはいずれも患部が膣や外陰部が中心です。子宮や卵巣などの付属機関そして膣などは、すべて産婦人科の守備領域になるので最適の治療を期待することが出来ます。特にクラミジアやトリコモナス症は不妊症のリスクも懸念されるところなので、万が一に備えて子宮や卵管などのトラブルにも対応できる産婦人科は最適の診療科目と評価することが出来るでしょう。また性病はしばしば尿路にも感染範囲が波及することがあります。頻尿や排尿痛などの尿路系の症状が中心のときには泌尿器科もおすすめの診療科目です。